TEL

伊藤計劃「虐殺器官」「ハーモニー」を読んで。(中) | 【福岡市早良区・城南区】整体・マッサージ師も通う「そんごくう整骨院」

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > その他 > 伊藤計劃「虐殺器官」「ハーモニー」を読んで。(中)

伊藤計劃「虐殺器官」「ハーモニー」を読んで。(中)

2014.01.18 | Category: その他

で、続き。
伊藤計劃「虐殺器官」のおおまかなストーリーは、こうです。
412556.jpg
今からそう遠くない未来。
イスラム原理主義者によりサラエボに手製核爆弾が使用され、
核兵器が「使えるもの」と認識されてしまった世界。
後進国では内戦と民族衝突、虐殺の嵐が吹き荒れ、
先進諸国は厳格な管理体制を構築しテロの脅威に対抗。
そのさなか、アメリカ情報軍のクラヴィス・シェパード大尉は、
それらの虐殺を扇動しているとみられる米国人、
ジョン・ポールの影を追い混沌の世界を駆け巡る。
なぜジョン・ポールはいつも狂乱の渦中にいるのか?
一体「虐殺器官」とは何なのか?
と、まあ、こんな感じで物語は進みます。
9.11以後の戦争を考える時、宗教、経済格差、人種、国家などなど、
さまざまな問題・事柄が思い浮かびますが、
小説「虐殺器官」はそれらを当然踏まえたうえで、
簡潔な文章、確かなディテールのもと「近未来」を描いています。
ぼくらの未来もこうなってしまうのか?
そして、それを回避するためには?
ってなことを読後に考えてしまいました。
とはいえ、小難しい用語は幾分ありますが(SFの宿命でしょうね)、
内容はとても理解しやすいと思います。
なによりとても面白く、寝食忘れて読んでしまいますよ。
SFなあ・・・、という食わず嫌い、読まず嫌いな方にこそ、
ぜひ読んでいただきたい本です。
で、なんで今さら昨年夏に読んだ本の話をするのか、になるんですが、
昨年の年末から今年の年始にかけて、
この「虐殺器官」以降の世界を描いた小説、「ハーモニー」を読みました。
この本がまた、凄いんだ!
正確に言えばこの二つの本は続き物ではないので、
どちらから読んでも楽しめるのですが、
できたら「虐殺器官」→「ハーモニー」の順で読んで欲しいです。
その「ハーモニー」の内容、感想は次回。
それでは、また。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お子様連れでも安心!! 交通事故治療に強い!! 
【福岡市早良区野芥】そんごくう整骨院
院長: 奥山一彦 (おくやまかずひこ)
当院の口コミ評価は こちら をご覧ください。
平日 9:00~21:00 (昼休み無し)
土曜 9:00~18:00 (昼休み無し)
祝日 9:00~13:00
日曜 休み
住所:〒814-0171 福岡県福岡市早良区野芥1-25-5
TEL:092-863-0505 ⇒ ホームページを見て・・・とお電話下さい。 
FAX:092-863-0507
ご質問・ご相談だけでもお気軽にどうぞ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~