TEL

ぎっくり腰 | 【福岡市早良区・城南区】整体・マッサージ師も通う「そんごくう整骨院」

お問い合わせはこちら

ぎっくり腰

ぎっくり腰でつらいお客さんは、痛みを諦めず福岡市早良区のそんごくう整骨院までご相談ください。当院はぎっくり腰を手技療法や物理療法で解決していきます。土曜日・祝日も受付ていますので、平日はお仕事のあるあなたも通いやすいです。

こんなつらい症状はありませんか?

ぎっくり腰は経験者でないとなかなか理解できない痛みです。

とにかくちょっとした行動でも腰に響き、生活にも支障をきたすことがあります。
次のような症状でお悩みのお客さんは、お気軽に福岡市早良区のそんごくう整骨院までご来院ください。

ぎっくり腰は突発的に起こり、一時的な腰痛として有名ですが、適切な対処をしなければ痛みが慢性化する恐れがあります。

特に中高年のお客さんは治りが遅い傾向にあり、ぎっくり腰の初期の頃に適切な対処をしなければぎっくり腰は長引いてしまいます。

また、ぎっくり腰をきっかけとして何か他の病気が見つかる可能性があります。
それだけぎっくり腰の対処は大切です。

安易に短期で治るものと過信せず、初期の頃から正しく対処しましょう。

福岡市早良区のそんごくう整骨院は体の痛みを改善するため、お客さんに合った施術をいたします。初期のぎっくり腰から慢性的なぎっくり腰まで対応しています。

ぎっくり腰の痛みの原因は?激痛なワケ

腰を支えている人体や筋肉に急激な負荷がかかり、断裂を起こしてしまいます。
それが神経を刺激してしまい、強い捻挫を起こした状態になります。

捻挫の腰バージョンと考えると分かりやすいですね。

また、腰の中心に連なっている椎骨の関節と、その周辺の膜、椎間板が損傷して神経を圧迫することからもぎっくり腰に激しい痛みが出ます。

ぎっくり腰になった時の対処

ぎっくり腰になった直後は立つ・座ることもままならない程腰が痛いでしょう。
比較的楽な姿勢は、横向きに寝る・腰を丸めた姿勢です。

無理に体を動かそうとするとかえって悪化することがあります。

ぎっくり腰になってから2~3日のうちは通常の作業ができない程腰が痛い時期です。この時期は安静にしているのが一番の対処法です。

外出先でぎっくり腰になってしまったら、我慢せずタクシーを呼ぶといいでしょう。

初期の頃は冷湿布か温湿布か迷うところですが、急性の場合は冷たい湿布の方がベターでしょう。お風呂で温めると逆効果になるので気を付けてくださいね。

ぎっくり腰の症状が落ち着いてきたら、気持ちいいと感じる方の湿布でいいでしょう。

ぎっくり腰の再発予防には何をすればいい?

ぎっくり腰が治っても、予防していないと再発する恐れがあります。

特に中高年のお客さんは加齢に伴って骨の量が減っています。腰椎の変形も進んで、ぎっくり腰の施術後も再発や慢性化を引き起こしやすいため、注意が必要です。ぎっくり腰の予防のために何かができるかというと、

適度な運動はぎっくり腰の再発予防になります。

強度の運動をする必要はなく、自分で簡単にできるウォーキング程度でも十分な予防になります。ウォーキング・水中ウォーキングは、腰に過度な負担をかけずに筋力をアップできる方法です。足腰を鍛えることにもつながります。
福岡市早良区のそんごくう整骨院では、施術後の予防法についても一人一人アドバイスしています。